異骸(いがい)24話ネタバレ感想【梅澤の生い立ちが泣ける】

タイトル 異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-
作者 佐伊村 司
配信サイト コミなび(Android、iPhone対応)

 

漫画『異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-』はコミなびで無料試し読みができます。

まずは無料で読んでみてくださいね。

無料試し読みはこちら

↓ ↓ ↓

>>コミなび<<

サイト内で作者名の『さいむら』で検索すると出てきますよ。

 

前回のあらすじはこちら

 

異骸(いがい)23話ネタバレ感想【カーテンの意味に納得しちゃった】

 

異骸(いがい)24話ネタバレ感想【梅澤の生い立ちが泣ける】

 

 

24話では梅澤の暗い生い立ちが語られて

彼の魅力の理由が分かりました。

 

 

彼は幼い時から虐待をされていて

母親もそれを放置しているという環境で育ちました。

 

 

しかし四人目の父親に習わされたボクシングで

梅澤は解放されました。

 

 

彼にとっては拳で負けるということは

元の虐待生活に戻ることを意味しているのだと考えられます。

 

 

少なくとも彼はそう思いこんでいる様子が見て取れました。

そしてハングリーな生活から脱するために

部活をしている梅澤はアキラと出会いました。

 

 

アキラには悲壮感は無く

梅澤は自分と正反対の彼を信頼するようになりました。

 

 

第一校舎内でゾンビと人間が惨殺されていることが判明しました。

発見した牧村たちは姫花には見せられないと言っています。

 

 

彼女はゾンビ側の監視者として

第一校舎に受け入れています。

 

 

その姫花がこの光景を報告すれば

人間側に反乱の意思ありと思われてしまいます。

 

 

そうなればせっかく苦労して結んだ隔離協定が破られて

ゾンビが人間側に攻めてくることは明白です。

 

 

そのため牧村は事件を隠蔽しようとしています。

しかし人間側には如月など単独で動く者もいます。

 

 

彼が独自の判断で殺害をしているとすれば

いずれ姫花に知られるだろうと思いました。

 

 

ただ姫花がゾンビ側にすぐ報告するかは微妙だと感じました。

姫花が最も優先するのは宝条会長の安全です。

 

 

協定が破られれば

宝条に攻撃を仕掛ける者も出てくる可能性があります。

 

 

事件を知った時に姫花がどう考えるかが楽しみです。

 

 

 

 

異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE- 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料で試し読みができます

まずは無料で読んでみてくださいね。

→コミなび

サイト内で作者名の「さいむら」で検索すると出てきます。!

無料で読めるコミックが他にも多数アリ!
キャンペーンも随時開催中です。★