火葬場のない町に鐘が鳴る時が読むほどに謎を呼ぶ件【ネタバレ感想】

タイトル 火葬場のない町に鐘が鳴る時
作者 和夏弘雨
配信サイト まんが王国(Android、iPhone対応)

あらすじ

人口6000人

山あいの小さな町・みとず町。

 

その田舎町では夕方6時になると

不協和音の鐘が鳴り響く。

 

その音が聞こえたら

夜明けまで決して外に出てはいけない。

 

だが

10年ぶりに東京からこの町に戻ってきた勇人は

この掟を知らずに破ってしまう。

 

そこに現れたのは

冥奴様と呼ばれる得体の知れない化け物だった。

 

PC&スマホ漫画雑誌

『ヤンマガ海賊版』発のサスペンスホラー!!

引用元:http://www.ebookjapan.jp/ebj/314285/volume1/

ホラー系漫画で意外と話題になっているみたいで

試しに読んで見ましたが

今までのホラー漫画とは一味違う内容に

ビックリすることでしょう!?

 

ネタバレと感想

この“火葬場のない町に鐘がなる時”という漫画

ありがちなストーリーと思って読んでいくと不思議なことに

「なんで?どうして?」

がどんどん増えていくんです!!!

 

 

 

主人公、卯月勇人が10年ぶりに東京から戻ってきた。

10年前急に東京へ引っ越したらしいが

 

 

「なぜ?急に引っ越したのに

10年後自力で引っ越ししてまで

みとずという町にもどってきたの?

勇人のお父さんの仕事って何?」

 

 

 

夕方6時を過ぎると

不快な鐘が鳴り響く。

 

 

屋外にいたら冥奴様に食べられるという

みとず町のルール。

 

 

このルールのことを勇人のお父さんは

知っていたみたいなのに

「なぜ?勇人に話さないの?」

まあこれに関しては答えは決まってますよね(*^_^*)

だって、勇人が、冥奴様に出会わないと

話が進んでいきませんもんね。

 

 

 

「冥奴様って一体なに?」

1巻ではまだその実態を描かないほうが良かったと思いました。

 

 

かくかく歩いて

勇人の幼なじみの豊橋咲に一蹴りされてやられちゃうし。

あずきに弱いって

なんか笑えてしまいました。。

 

 

息子の遺体を運んでいた

みとずの町のおばあさんのほうが

よっぽど怖かった(@_@)

 

 

 

こんな変なルールの町に住む人たち。

「なぜ?この町に住み続ける?」

勇人の幼なじみ咲は“冥奴様は戸締りした屋内まで入ってこない。

ルールをやぶるほうが悪い。

 

 

夜中に出歩いたら、危ないってだけの話。

治安の悪い海外では、むしろ普通の話よ”っていうけど

6時って夜中じゃないし・・・(;一_一)

 

 

 

何か知ってるはずなのに

失踪してしまう勇人のおとうさん。

 

 

まんじゅうで機嫌がなおったり

きゅうりを切っていて

自分の指とも気付かず切って

血だらけになってしまう勇人のお母さん。

 

 

勇人と咲の幼なじみで

ストロベリーじゃなくいちごのガムを好み

何やら意味ありげな数珠を持っている山神りゅうじ。

 

 

半年前父親に何かがあって

1人で暮らし

カップラーメンをすすりながら

寝込んでしまう豊橋咲。

 

 

そして、幼なじみに

「バカ、バカ」と言われ

浅はかな行動をとったりするのに

 

 

東京の難関高校に合格しているらしい卯月勇人。

感情移入するには難しい登場人物と

突っ込みどころ満載のこの作品。

 

 

 

あっ!これって作者のねらい?

子供のときやった謎解きゲームみたいな・・・

だって、はまっちゃったみたいなんです(^^♪

続きがよみた~い(^_^)/

 

 

いろいろな謎が少しずつ解明されていって

「あーそうだったんだ。なるほど納得」

となれるのでしょうか。

 

 

この漫画読んだ人と話あったら

盛り上がること間違いないと思います。

 

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「火葬場のない町に鐘が鳴る時」の試し読みは、
まんが王国公式サイトで完全無料です。

>まんが王国で試し読み

サイト内「火葬場のない町に」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中★