マージナルオペレーション14話ネタバレ【ゲリラ戦を仕掛けた本当の理由⁉︎】

 

タイトル マージナルオペレーション
作者 芝村 裕吏 キムラダイスケ
配信サイト コミなび(Android、iPhone対応)

 

漫画『マージナルオペレーション』はコミなび公式サイトで無料試し読みができます。

まずは無料で読んでみてくださいね。

無料試し読みはこちら

↓ ↓ ↓

>>コミなび<<

サイト内で『マージナル』と検索すると出てきますよ。

 

マージナルオペレーション 前回のあらすじはこちらから

 

マージナルオペレーション3巻13話ネタバレ【アラタを襲撃した相手が意外な人物⁉︎】

 

マージナルオペレーション まとめページはこちらから

 

 

マージナルオペレーション【元ニートがやばいぐらいカッコイイ】まとめ

 

マージナルオペレーション 14話ネタバレ【ゲリラ戦の本当の理由⁉︎】

14話では

ゲリラの襲撃の目的が情報だという読みはとても楽しめました。

 

 

アラタとマネージャーは大規模輸送作戦のことを話しています。

キャンプモリソンでは

近くに通信施設を建設するために警備任務を行っています。

 

 

近々大量の物資が運び込まれる予定があり

敵の襲撃に備える手はずを整えていました。

 

 

指揮官たちは敵が必ずこのタイミングで仕掛けてくると考えています。

その理由は大規模輸送を襲撃すれば

物資は失われ通信施設の完成が遅れるからです。

 

 

後方の補給が途絶えれば

前線のアメリカ軍が後退せざる負えない状況になります。

 

 

しかもこの現場は民間警備会社が担当していて

正規軍よりも容易に襲えるのです。

 

 

この場面では自分たちの部隊が

敵からどう見えているのか冷静にとらえていると感心しました。

 

 

ゲリラの散発的な襲撃は

アメリカ軍の動きを知るためであると考えられています。

 

 

敵は現場の兵士を誘拐して情報を聞き出し

今後の動きを予測するのです。

 

 

ここで気づかされたのはアラタたち指揮官と

現場の兵士との情報量の差です。

 

 

もしオマルが周辺地理や今後の作戦予定などを詳細に知っていれば

現場での指揮に役立つと思いました。

 

 

しかし彼が誘拐されて敵に情報をもらせば

キャンプ全体の行動が筒抜けになってしまう危険もあります。

 

 

これが現場に情報を与えない理由だと思いました。

逆に言うとアラタやソフィーなどの指揮官は

大量の情報を抱えています。

 

 

ですから指揮官がひとりでも誘拐されると

大変なことになってしまうのです。

 マージナルオペレーション 無料試し読みはこちら

 

漫画「マージナルオペレーション」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

まずは無料で読んでみてくださいね。

→コミなび

サイト内で「マージナル」と検索すると出てきます。!

無料で読めるコミックが他にも多数アリ!
キャンペーンも随時開催中です。★