マージナルオペレーション4話ネタバレ【アラタに起きた衝撃の事実】

 

 

タイトル マージナルオペレーション
作者 芝村 裕吏 キムラダイスケ
配信サイト コミなび(Android、iPhone対応)

 

漫画『マージナルオペレーション』はコミなび公式サイトで無料試し読みができます。

まずは無料で読んでみてくださいね。

無料試し読みはこちら

↓ ↓ ↓

>>コミなび<<

サイト内で『マージナル』と検索すると出てきますよ。

 

マージナルオペレーション 前回のあらすじはこちらから

 

マージナルオペレーション3話ネタバレ【アラタの才能が開花っぷりがやばい】

 

マージナルオペレーション まとめページはこちらから

 

 

マージナルオペレーション【元ニートがやばいぐらいカッコイイ】まとめ

 

マージナルオペレーション 4話ネタバレ【アラタに起きた衝撃の事実】

4話では

ショッキングな事実にだいぶ驚かされました。

 

 

才能を発揮したアラタとキシモトは

二人一組で交代で訓練をしています。

 

 

ここでは交代制の主な理由がはっきりしました。

それはトイレや休憩などの生理的な理由です。

 

 

一日に十数時間連続する戦場での活動では

ちょっとトイレ休憩などは通用しないのです。

 

 

ですから最低でも二人を組ませて交代で一つの作業をします。

これは現場に行かなければ分からない意外なことでした。

 

 

印象に残ったのは村を攻撃しても良いという許可を得た

アラタとキシモトの嬉しそうな顔です。

 

 

これまでは村からの急襲によって味方が被害を受けていました。

しかし敵の拠点となっている村への反撃を許されたのです。

 

 

その村ごと攻撃することによって

隠れた敵を一網打尽に出来るチャンス

彼らは喜んだということです。

 

 

ただし村を攻撃することは

村人にも被害が出る可能性があります。

この時の二人の笑顔が邪悪に見えた理由はそれです。

 

 

戦術単位に対して攻撃命令を出した時に

カーソルの反応が鈍かったことが描かれています。

これはただのゲームでは無いという衝撃的な後半への伏線となっています。

 

 

アラタたちが事実を知るシーンで

帰還した兵士が挨拶に来る場面が考えさせられました。

 

 

この兵士たちは的確な二人の指揮のおかげで命拾いしたと感謝しています。

しかし実際はこのようなことはまれではないかと思います。

 

つまり、アラタとキシモトはシュミレーションだと思ってやっていた戦術訓練が

そのまま現実の戦争に直結していたのです。

 

 

いくら指揮官が好プレーをして部隊を救っても

それは全ての戦況を把握しているから分かることです。

 

 

目前の敵しか見えない各兵士にとっては

分からないケースがほとんどではないかと思いました。

 

 マージナルオペレーション 無料試し読みはこちら

 

漫画「マージナルオペレーション」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

まずは無料で読んでみてくださいね。

→コミなび

サイト内で「マージナル」と検索すると出てきます。!

無料で読めるコミックが他にも多数アリ!
キャンペーンも随時開催中です。★