ROUTE ENDルートエンド2話ネタバレ【春野の手をかざすシーンが実はすごい】

 

タイトル ROUTE ENDルートエンド
作者 中川 海二
配信サイト コミなび(Android、iPhone対応)

 

漫画『ROUTE ENDルートエンド』はコミなびで無料試し読みができます。

まずは無料で読んでみてくださいね。

無料試し読みはこちら

↓ ↓ ↓

>>コミなび<<

サイト内で作者名の『ルートエンド』で検索すると出てきますよ。

 

前回のあらすじはこちらから

 

ルートエンド1話ネタバレ『特殊清掃業はやばい仕事だった』

 

ROUTE ENDルートエンド 2話ネタバレ【春野の手をかざすシーンが実はすごい】

 

2話では

自宅の風呂につかる春野のシーンが印象に残りました。

 

 

彼は社長の失踪など

最近の出来事を思い出しながら入浴しています。

 

 

特殊清掃の仕事をさせてもらっているため

彼は社長には恩義を感じています。

 

 

彼にとって母親を亡くした傷を埋めることの出来る仕事は

これ以外には無いということです。

 

 

しかも給料がもらえて人に感謝される理想的な状態です。

そして春野は改めてこの仕事をすることの意義を思い直しました。

 

 

この場面で春野が

手を顔の前にかざすシーンがありました。

 

 

入浴中で不自然なポーズです。

私には彼が自分についた死臭が

消えているかをチェックしていると読めました。

 

 

この職業的な癖のような描写を見て

本作品の質の高さに気づかされました。

 

 

高祖根署の五十嵐から電話があり

春野はあることを知らされました。

 

 

それは橘社長がエンド事件の部屋を

八年前に清掃していたことです。

 

 

ここでもうひとつの事実が明らかにされました。

何と五十嵐の死んだ弟が使っていた部屋が

現在の春野の部屋なのです。

 

 

家賃の安い事故物件を選んで住んでいる彼が

五十嵐の弟の部屋を選ぶのは

偶然だと考えられます。

 

 

しかし社長が部屋選びに関わっているとすれば

新たな謎が展開されると思いました。

 

 

社長の自宅前で張り込みを続ける五十嵐は

春野と合流して深い生い立ちの話をしています。

 

 

これは五十嵐の弟と春野に

偶然の接点があったからだと思いました。

 

 

家族を突然失ったという点でふたりは似た者同士です。

この作品は刑事の視点を入れることで

より味わい深くなっていると思います。

 

 

 

 

ROUTE ENDルートエンド 無料試し読みはこちら

 

漫画「ROUTE ENDルートエンド」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料で試し読みができます

まずは無料で読んでみてくださいね。

→コミなび

サイト内で「ルートエンド」と検索すると出てきます。!

無料で読めるコミックが他にも多数アリ!
キャンペーンも随時開催中です。★