ROUTE ENDルートエンド 4話ネタバレ【変態糞ヤロー】

 

タイトル ROUTE ENDルートエンド
作者 中川 海二
配信サイト コミなび(Android、iPhone対応)

 

漫画『ROUTE ENDルートエンド』はコミなびで無料試し読みができます。

まずは無料で読んでみてくださいね。

無料試し読みはこちら

↓ ↓ ↓

>>コミなび<<

サイト内で作者名の『ルートエンド』で検索すると出てきますよ。

 

前回のあらすじはこちらから

 

ROUTE ENDルートエンド 3話ネタバレ【橘社長の死体が残酷すぎる】

 

ROUTE ENDルートエンド 4話ネタバレ【変態糞ヤロー】

4話ではエンド連続殺人事件の

捜査本部の様子が描かれていてリアルだと感じました。

 

 

この事件では五人の被害者が

バラバラにされて文字のように置かれました。

 

 

そして四人目の被害者までは

自宅で発見されています。

 

 

しかし五人目の橘社長だけは

無関係のアパートで発見されました。

 

 

社長の自宅を刑事が張り込んでいたので

犯人が使えなかったというのもありますが

この五人目の特殊性がカギになると思いました。

 

 

捜査本部では一見冷静に情報を整理しているように見えます。

しかし犯人を変態糞野郎と呼ぶシーンから

怒りに震えていることが理解出来ました。

 

 

橘浩二と犯人に人間関係がある可能性が濃厚になりました。

その理由は遺体の切断方法が電動ノコギリだったからです。

 

 

この機械は特殊清掃業で床の張り替えに使うものであることから

橘との関係がより深く疑われました。

 

 

そして犯人は橘が清掃会社を始めてからの知人である

と推測されています。

 

 

このように少ない証拠から

どんどん犯人を限定していく手法は興味深いと思いました。

 

 

ただ犯人像を限定してしまうと

手が回せない部分も発生します。

 

 

この作品でも優先度が低いという言い方で

捜査の難しさが語られています。

 

 

社長の後を継いだ春野は

独自に犯人捜しを始めています。

 

 

まず彼が注目したのは

三人目の被害者である若狭という男です。

 

 

彼の家の写真だけ多く公開されていて

住所も流出していることから春野は現場へ向かいました。

 

 

出迎えたのは事件現場に住み続ける若狭の一人息子でした。

 

 

 

 

ROUTE ENDルートエンド 無料試し読みはこちら

 

漫画「ROUTE ENDルートエンド」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料で試し読みができます

まずは無料で読んでみてくださいね。

→コミなび

サイト内で「ルートエンド」と検索すると出てきます。!

無料で読めるコミックが他にも多数アリ!
キャンペーンも随時開催中です。★